何でビットコインは仮想通貨って言われているの?

そもそもビットコインってなに?

ニュースを見ていると「仮想通貨」やら「ビットコイン」という言葉が使われています。通貨やコインなので、お金だとわかりますが、「仮想」ってどういうことでしょうか。ビットコインは、ネットワーク上にある、現実に存在しない通貨を指します。2009年に運用が開始され、2017年時点では、ネットゲーム上や実際の店舗でも使用ができるようになりました。現実の通貨のように、価値が変動しており、資産運用などの投資目的としても世界的に活用されています。ビットコインを表す単位は「BTC」や「XBT」です。また、ビットコインの記号もあり、アルファベットの「B」にドルの記号のように2本の縦線が引かれたデザインが使用されています。

「仮想」と言われる理由とは

仮想の意味は「仮定としての想像。」とあります。ビットコインはピアツーピア・ネットワーク上で取引が行われ、現実の通貨を管理する中央銀行が管理をしていません。また、日本円や米ドルのように、お札や小銭が存在しません。ビットコインは、あくまでネットワーク上にあるだけで、現実には存在しない想像上のものなのです。いわばRPGなどのゲーム内で利用できる、通貨と同じと考えれば想像しやすいでしょう。
ゲーム内のお金とビットコインの違いとして、ゲーム内のお金には現実的な価値はほぼありません。しかし、ビットコインは現実のお金と同様の価値があるのです。ネットワークで管理ができるので、持ち運びがしやすく利便性が高いため世界的に注目が集まっているのです。