ビットコインを使った金融取引の仕組みを教えて!

話題の仮想通貨であるビットコインとは

近年国内外で使える新しい通貨として注目されているのがビットコインです。ビットコインとはビットコイン社が発行している専用通貨であり、自身の資金をビットコイン社に送金することによって使用できます。ビットコインがなぜここまで注目されるのかというと、それは法律に縛られない仮想通貨だからです。通常通貨の取引には、それぞれの国でルールを法律として作成していたり通貨自体の価値も国によって全く違います。そのため自国の通貨と他国の通貨に差額があると、その差額によって支払いがいろいろと複雑化してしまう事が難点です。そこでビットコインに変換して、それを支払いに使うことによって通貨による価値の違いに関係なく支払いが可能になり便利になります。

仮想通貨で金融取引をする方法

仮想通貨は通貨の価値やルールに縛られない通貨として人気を集めていますが、そのメリットを生かしてビットコインをFXといった金融取引に活用する流れが生まれています。その仕組みは自身の資産の一部をビットコインに入金し発行してもらうまでは買い物と一緒です。入金し発行してもらった後は、そのビットコイン社のサイトで金融取引の項目を選びます。そこでビットコインを使って企業に投資をしたり、FXであれば自国の通貨もしくは他国の通貨に投資をして値上がりをした段階で売りに出すことで利益を上げます。ビットコインのメリットは通貨の価値が平等であることです。そのため自国の通貨で自国の通貨を購入しても旨みは少ないですが、ビットコインを中継することで価値の高い自国の通貨を購入することで金融取引が可能になるというわけです。