ビットコインって普通のお金とどう違うの?

ネット決済専用のお金?

ビットコインはお金としての機能がとても優れていると言われています。しかし、日本で使うだけなら、クレジットカードや電子マネーとそれほど使い勝手は変わらないでしょう。ビットコインはネット決済で便利ですが、実店舗での買い物でも使えることがあります。大手のカメラ店など、実店舗でもビットコイン決済に対応しているところは増えています。パソコンは持ち運びには不向きなので、実店舗で買い物をするためには基本的にビットコインウォレットのアプリをインストールしたスマートフォンが必要になります。対応している実店舗の数はまだ多くはなく、スマートフォンアプリが必要になるため、ネット決済で使われるというイメージを持たれている傾向があります。

国境がないことがメリット

ビットコインは世界共通のお金であり、インターネットに接続された環境さえあれば世界中どこでも使えるということがメリットです。海外旅行のときには日本円はそのまま使えないので、外国のお金に換金する必要があります。その際に高額な手数料がかかってしまいます。また、海外へ銀行送金をするときにも、それなりに高額な手数料がかかることがネックです。ビットコインには国境がないため、相手のビットコインアドレスがわかれば世界中どこにいても少額の手数料でお金を送ることができます。
また、ビットコイン決済の手数料は1%以下であるため、手数料が5%前後かかるクレジットカード決済よりもコストの節約になります。クレジットカードの手数料はショップ側が負担しているケースがほとんどなので、ショップ側にメリットがあります。